>>

別れさせ屋との契約についてアドバイス(3)個人情報保護法、守秘義務契約は特に重要

本サイトは、弊社別れさせ屋株式会社とのご契約をご検討されている方に向けた、契約上の解説になります。
詳細につきましては、別れさせ屋株式会社 担当カウンセラーまでご相談ください。
※「別れさせ屋」「別れさせ工作」は別れさせ屋株式会社の登録商標です。


別れさせ屋は、非常に機密とすべき個人情報を扱います。

依頼者の住所・氏名・電話番号・職業をはじめ、配偶者の氏名、そして別れさせ工作対象とする浮気相手の住所・氏名などです。

さらには浮気や不倫の実体も同様で、2人がいつ、どこで、どれぐらいの間隔で会っているか、男女関係はあるのか等、どれもが個人情報の固まりだと言えます。

したがって別れさせ屋と契約をするときには、個人情報の扱い方とポリシーについて十分確認しておく必要があります。

個人情報保護法とは

別れさせ屋ももちろん個人情報を取り扱います。端的に言えば、ご依頼者様から言われたことの全てが個人情報であると言っても過言ではありません。

個人情報の保護に関する法律」は、2003年(平成15年)5月に成立し、2005年(平成17年)4月に全面施行されました。

そこで個人情報とは、『生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含む)』とされています。

これには個人情報を含むコンピューターのデータベースも含まれます。よくニュースで、「○○社のシステムに不正アクセスがあり、10万人分の個人情報が漏洩した可能性があると同社が発表しました」とあるように、個人情報には個人を識別できるIDやパスワード、クレジットカード番号、商品の購入履歴等も含まれます。

商品の購入履歴というと、一見大した情報ではなさそうですが、その方が何に興味を持っているか、一定期間にどれぐらいの出費をしているか等によって、ライフスタイルや年収が推定されてしまいます。

我々が日々安心して暮らせるためには、個人情報の保護は必要なものです。

しかし弊害もあり、中学校の卒業アルバムから住所と電話番号の記載が消えた、町内会名簿が作れないなど、個人の情報公開が制限されることは、いわば両刃の剣でもあります。

別れさせ屋と個人情報

さて、別れさせ屋ももちろん個人情報を取り扱います。端的に言えば、ご依頼者様から言われたことの全てが個人情報であると言っても過言ではありません。

したがって、需要事項説明において個人情報の守秘義務を謳っていない、明文化していない別れさせ屋については、契約してはなりません。これは別れさせ屋でなくても、興信所や探偵事務所でも同じことです。最低限、次の文言か類似した内容があることは確認しなければなりません。

・別れさせ屋は、別れさせ契約において知り得た顧客情報を厳重に管理する。

・情報とは、顧客の個人情報であり、住所氏名等から写真、電子データまでを含む。

・別れさせ屋は、契約上の情報を他者に公開しない。

この点、我々別れさせ屋は「プライバシーポリシー」を制定して、個人情報の保護を徹底しております。別れさせ工作のパイオニアたる別れさせ屋株式会社の特徴でもあります。

個人情報については、外部への漏洩がないことはもちろん、外部からの不正アクセスに対しても万全を期しております。安心してご相談ください

別れさせ屋の良否はここで分かる

別れさせ屋の重要な業務内容としては、ターゲット(別れさせるカップル=配偶者と浮気相手)の調査があります。別れさせ工作の第一歩は、この調査にあります。

個人情報の取り扱いは非常にデリケートなものですが、別れさせ屋との契約においては、他の点にも留意しましょう。それは、次の点です。

(1)違法な行為をしていないか

別れさせ屋の重要な業務内容としては、ターゲット(別れさせるカップル=配偶者と浮気相手)の調査があります。別れさせ工作の第一歩は、この調査にあります。

具体的には、興信所や探偵事務所と同じで、ターゲットの尾行や張り込み、聞き込みを行います。

しかしこの過程において、執拗に待ち伏せするあまり他者の住居に不法侵入したり、ターゲットにつきまとったりすると、ストーカー行為とみなされ違法となります。もっともターゲットに気づかれてしまっては、別れさせ工作は失敗してしまいますが、経験が浅い、ないしアルバイトを雇っているような稚拙な別れさせ屋にはありがちなことです。

また別れさせ工作を行うには、公安委員会に対して探偵業の届け出が必要です。何故なら、上に述べたように、別れさせ工作には探偵事務所や興信所に非常に似た行動もあるからです。届け出がないと、どんなに高度な別れさせ工作をしても、違法となってしまいます。

別れさせ屋株式会社は、もちろん公安委員会へ届出をしています。

そして受付から実際の別れさせ工作まで、熟練したスタッフがあなたのご要望にお応えします。ご安心ください。

(2)料金体系が不明瞭でないか

探偵事務所や興信所でも同じことですが、一見安い料金に見せかけて、あとで高額な請求をする悪徳業者がいます。彼らはきちんと重要事項説明を行いますが、実は例外事項が小さく書かれていたり、契約書の文言が分かりにくかったりしており、その隙を突いてくるのです。

別れさせ屋株式会社ではそのようなことはありませんので、ご安心ください。

それを可能にしている基本理念は、別れさせ屋株式会社が持っている愛情です。一人でも多くの方に幸せになってもらいたい、配偶者の浮気や不倫にお悩みなら、その原因を取り除き、それまでの温かい家庭に戻ってもらいたい復縁してもらいたいという願いです。

あなたの悩みを解決できるよう、別れさせ屋株式会社は、いつでもご相談を承ります。

参考:個人情報保護委員会

別れさせ屋関連サイト