別れさせ屋の専門家集団だからこそ、できることがあります

別れさせ屋での契約について

最近、芸能人や政治家の不倫をニュースでよく見かけます。

多くは週刊誌のスクープで明るみになり、やがて彼や彼女はテレビカメラの前に出て釈明します。タレントや女優ならCMを打ち切られ、政治家なら離党届を出しと、不倫や浮気が明るみに出たあとは人生そのものが暗転してしまいます。

そんな中、私が気に留めたのが女優Sの不倫です。彼女は最終的に不倫を認めたのですが、夫は彼女と離婚せず、やり直す道を選んだというのです。

不倫や浮気で離婚しないために、この事例から学ぶことは幾つかあります。

別れさせ屋が見た女優の不倫顛末

別れさせ屋が注目した女優の不倫顛末

まずは今年8月、彼女は週刊誌に手をつないでデートしているところをスクープされ、ダブル不倫を報じられました。ダブルという名のとおり、彼女も相手も既婚者です。

その後記者会見があり、一旦は不倫を否定、患者と医師(相手の男性)の関係は継続していくと説明がありました。

しかし9月になって、二人がキスをしている写真が、今度は別の週刊誌に掲載されました。続いてまた別の写真も掲載され、結局彼女は、不倫は5年続いていたこと、もはや清算したことを認めました。

私が注目したのは、このあとです。

彼女は子供のために離婚はしないと言っていますから、それは夫も不倫を認め、結果やり直すことを選んだということです。ネットを見ると、宗教的理由云々の記事が多いですが、そればかりではないでしょう。

何より、不倫を推奨する宗教などありませんし、たとえ離婚が禁じられているなら、その理由となった不倫が禁忌なのも同様です。
つまり、個人的見解ではありますが、彼女が離婚しない選択をしたのは、第一には夫婦間の話し合いであり、と同時に、二人はまだ夫婦としてやり直せる復縁の余地があったということです。もっとも、それがいつまで続くかは分かりません。しかしそれは当事者にも分からないことですから、しばらくは様子を見守るしかありません。

別れさせ屋が見た離婚する夫婦、離婚しない夫婦の差

するとここで、離婚する夫婦としない夫婦の差は何かという疑問が生じてきます。

私は、これは「鈍感力」ではないかと考えています。これは作家渡辺淳一さんが書いたエッセイのタイトルですが、簡単に言えば、何ごと敏感すぎると疲れてしまう、他者は自分とは違うのだから、ある程度許容力をもって接したほうがいい、そうすれば楽に生きられるという意味です。「許容力」と言ってもいいかもしれません。

夫婦についても同じことが言えそうです。10年、20年と一緒に暮らしていても、元は別々の家で生まれ、別の人生を生きてきた他人です。ものの見方考え方には自ずと違いがありますから、多少はみ出たことをしても容認すべきと思います。

全ての浮気について許容せよと言うつもりはありませんが、配偶者の浮気や不倫を知って、やり直す復縁の道を選ぶか、カッときて離婚に突き進むかは、そのあたりの違いではないかと思います。

別れさせ屋株式会社ができること

まず別れさせ屋の目的は、あなたの配偶者を不倫相手と別れさせ、以前の平穏な幸せを取り戻すことです。

我々別れさせ屋の仕事をご紹介します。

まず別れさせ屋の目的は、あなたの配偶者を浮気・不倫相手と別れさせ、以前の平穏な幸せを取り戻し復縁していただくことです。

そのためのスタッフは専門的な教育や訓練を受けていますから、様々な形の浮気や不倫に的確に対応し、気づかれることなく別れさせ、あなたとの復縁を実現します。

そのためになぜ女優の不倫と彼女の再スタートを書いたかというと、私は離婚を推奨しないからです。別れさせ屋をしているのですから、これは当然ですよね。不倫相手と別れさせ、復縁し、もう一度心から夫婦としてやり直してもらいたい、そういう強い信念があってこそ、プロの別れさせ屋として仕事ができるのだと思っています。

離婚してやり直す方法は、幾つもあります。夫婦の話し合いはその一つであり、また別れさせ屋による工作も、その一つです。

そして、ここで確実に言えることは、専門家集団による別れさせ・復縁工作は高い調査力と工作力があるということです。ターゲット(不倫している配偶者またはその相手)がどのような人であるか、年齢は、性別は、仕事は何か、会う頻度はどれぐらいか・・・などの要素によって、私たちは別れさせ工作のやり方を変更します。途中で臨機応変に変更することもあります。

ここで話は戻るのですが、やはり、一度夫婦として結婚生活をスタートした以上は、浮気や不倫を乗り越え、復縁したほうがいいと私は実感しています。

なぜなら、不倫を理由に離婚する夫婦は、勢いと感情にまかせて離婚まで突き進んでしまい、あとで後悔する場合が多いからです。もちろん、復縁しやり直してみたはいいが、やはり離婚となる夫婦もいます。しかしその割合は、不倫即離婚となった夫婦よりはずっと少ないです。

これは、ワンクッション置くという効果かもしれません。

同時にそれは、我々別れさせ屋の仕事の成果でもあります。

パートナーの浮気や不倫に悩んでいたら、是非、ご相談ください。知識と経験豊富な専門の探偵調査チームがあなたの悩みを伺い、適切なソリューション(解決)をご提案し、実行します。

是非、ご相談ください。

別れさせ屋関連サイト

別れさせ屋株式会社